福井県 美浜町の旅館 旅館入舟 ふぐ料理 かに料理 海鮮料理 釣り船 水晶浜
美浜の民宿

≡≡≡≡≡≡≡≡ へしこの販売について ≡≡≡≡≡≡≡≡

美浜の民宿

美浜名産 鯖のへしこ
昔から冬場の保存食として若狭の各家庭で作られてきたへしこ。
冬場の脂がのった時期の鯖をひとつひとつ丁寧に漬け込みます。美浜で代々受け継がれた秘伝の味付けが美浜独特の旨さを演出します。入舟の母さんが作った自慢のへしこはいかがですか。また当宿の女将を含む日向の女将の会が自身をもってお薦めする、「日向のかあちゃん特製へしこ」は、当宿ご利用の際に是非お買い求めください。

美浜のへしこはなぜ旨いの?

生サバをへしこに加工する過程には二段階の漬け押しがあります。リピーターが多い美浜町のへしこには、その最後の段階、本漬けの際に使用する調味料に秘訣があります。 土地によっては塩とヌカだけで漬けるところもありますが、それではただ塩辛いだけのものになってしまいます。へしこは珍味ではなく、普段の食卓に上るお惣菜。だからこの美浜では、昔から各家庭が、食べ飽きないように、それぞれの味を出す工夫をしてきました。その工夫が、今の伝統食見直しの潮流の中で、へしこなら美浜町のものをという評判につながったのではないでしょうか。雪深い日本海。11月も終わりになると、時化(しけ)で漁に出られない日が多くなります。へしこはそんな気候風土の中で育まれた、保存食のひとつ。各家庭伝来の味があります。へしこの調味には醤油やみりん以外に唐辛子も使われますが、それ以外の隠し味は、、、

美浜のへしこ 美浜のへしこ 美浜のへしこ
女将の会が自身をもってお薦めする、「日向のかあちゃん特製へしこ」です
中央はモデルさん、左から2番目が入舟のかあちゃんです。

よりおいしく美浜のへしこを召し上がって頂くために・・・

かるくあぶって
適当な大きさに切り分け、ぬかを粗く落とし弱火で香ばしく焼き上げます。レア状態で十分食べられますので、焼きすぎに注意してください。身をほぐして、ご飯と一緒にお召し上がりください。お茶漬け、おにぎりの贅沢な具としても美味しくいただけます。
そのままスライスで
ぬかをよく落とし、さっと水で洗って薄くスライスします。生のまま、へしこのうまみをご賞味ください。お酒のおつまみに最適です。 大根スライスにはさんで食べるとさっぱりいただけます。
保存上の注意
開封までは冷暗所で3ヶ月は保存できます。開封後はできるだけ密封して冷蔵庫で保存してください。もともと保存食ですが、なるべくお早めにお召し上がりください。

当店で販売中!全国から注文の入る予約待ちのうまいもんです!

元ヘ戻る

福井県 美浜町 旅館 水晶浜 かに料理 ふぐ料理 活魚料理 若狭 民宿 釣り船 海釣り
TOP ごあいさつ 活魚・地魚料理 かに・ふぐ料理 館内のご案内
料金のご案内 ご予約について 交通アクセス 美浜町の観光 若狭の見どころ
若狭美浜 美浜町の旅館 旅館入舟
〒919-1126 福井県三方郡美浜町日向 47-46
TEL 0770-32-1040 FAX 0770-32-1046